ゴールデンウィークで海外旅行

海外旅行の際の機内での過ごし方

出発の20分から30分前になったら、機内への案内が始まります。まずはファーストクラス、ビジネスクラスの乗客が案内されて、それから赤ちゃんや幼児のいる家族、体の不自由な人などが優先的に案内された後で、エコノミークラスの乗客が案内されます。

あらかじめ自分の座席番号を確認して大体の座席の位置を把握しておくと割とスムーズに座席までいけます。座席が見つかったら、大きめのバックなどは頭の上のボックスに収納し、小さな荷物は足元に置きます。

荷物が他の座席にはみ出ないように注意しましょう。離陸の前には万一の場合に備えて、救命胴衣の着方や酸素マスクの付け方などの説明があるのでしっかり聞いておきましょう。離陸のアナウンスがあったら、座席やテーブルを元の位置に戻して、シートベルトを着用します。飛行機が離陸して安定した状態になり、シートベルト着用のサインが消えたらシートベルトをはずしてくつろいだり、お手洗いに行くこともできます。

座席には、ヘッドフォーンやモニター画面が付いており音楽を聴いたり映画を見たり、ゲームなどもできます。チャンネルを変えて自分の好みのプログラムを楽しんで下さい。しばらくすると、ドリンクのサービスがあったり長時間のフライトだと数回機内食が出されます。

航空会社によってメニューは様々なので、楽しめると思います。また、化粧品や航空会社限定グッズなどの機内販売も行われるので、興味があったら購入してみてもよいでしょう。

機内では読書やクロスワードパズル、ゲームなどをしたり眠ったりと過ごし方は様々ですが、気をつけたい点があります。長時間のフライトだと同じ姿勢で座っていることにより血液が固まるエコノミー症候群にかかりやすくなります。機内ではゆったりとした服装で、靴を脱いでスリッパに履き替え、こまめに水分を取って時々足や腕などを伸ばしてストレッチするなど軽い運動を行いましょう。

海外旅行の準備

海外旅行の準備(予防接種と保険編)

海外旅行中に病気やケガなどで病院にかかる際に、日本の健康保険は適用されないので高い治療費がかかります。簡単な診察でも2万円前後、入院すると10万円以上かかるなど金銭的な負担も大きくなります。

不測の事態に備えて、海外旅行保険に加入することをおすすめします。海外旅行保険には様々な種類がありますが、主にケガや病気の治療費、他の人にケガを負わせてしまった場合や旅先でうっかり物を壊してしまった場合の損害賠償金、かばんなどの持ち物が盗まれたり壊れた際の保障、現地に当事者の家族が向かう際の交通費、家庭のやむを得ない事情で旅行を途中で中止したり、旅行そのものを中止する場合にかかる費用などが保障されています。

更に保険会社のサービスとしては、現地の医療機関を案内してくれたり、損害賠償が発生した場合の代行処理などを行う場合もあります。旅行保険が付いているタイプのクレジットカードに加入するという手段もあります。年会費や保険料が無料なのが魅力ですが、充分に保障をカバーしているかをよく確認するように気をつけましょう。

また、海外では伝染病が発生している地域もあります。コレラや黄熱、B型肝炎、ジフテリアが主な伝染病で予防接種は義務ではありませんが、南米などの国では入国の際に予防接種の証明書を提示しなくてはならない場合もあります。厚生労働省のホームページで予防接種に関する情報が掲載されているので、事前にチェックして必要ならば早目に予防接種することが大切です。

海外旅行の注意点

海外旅行での体調管理

気候や風土、食べ物や飲み物などが違う異国の地では体調を崩しやすくなります。体調が悪く寝込んでしまっては折角の海外旅行も台無しです。特に多い体調不良の原因が、時差ぼけや食あたり、風邪などです。

時差ぼけというのは時差の関係で昼夜が逆転し、体内時計が狂うことにより疲労感や食欲減退などの症状がでるものです。機内では十分に睡眠をとるようにして、現地に昼間ついたらなるべく太陽の光をあびて、夜中着いたら朝までしっかり眠りましょう。

また食あたりは、現地の水や料理の味付けなどが日本とは違うので胃腸がびっくりして消化不良を起こし、腹痛や下痢などに陥るケースがほとんどです。日本から持参した胃薬を服用して、しばらく安静にしているようにしましょう。更に気候の違いや、旅行のスケジュールに余裕がなく、疲労がたまったことにより風邪をひく人も多いようです。風邪薬を服用してしばらくゆっくり休むようにしましょう。

他にも、ヨーロッパや南米などの標高が2千メートル以上の山に登った際に陥りやすいのが高山病です。頭痛や吐き気などの症状が出ますが、水分をとってゆっくり休むことが大切です。

体調が回復しない場合は、現地の病院にかかりましょう。滞在しているホテルやその国の日本大使館、海外旅行保険会社などに病院を紹介してもらえば安心です。現地で薬を調達するのは難しいので、海外旅行には普段服用している常備薬を小分けにして忘れずに持参するようにしましょう。


運営者情報

運営者情報・リンク集

当サイトでは現在、相互リンクを大募集中です。ただし、アダルトなどをはじめ管理人の独断と偏見でお断りさせていただく場合もあるでご了承ください。

タイトル ゴールデンウィークで海外旅行
URL     http://tomowalk.com/
紹介文 旅行の注意点などを紹介しています。
(※ 紹介文はご自由に変更してもらって構いません)

連絡先:donguriko0515★yahoo.co.jp

(★を@に変換して送信ください)

※ また相互リンク以外のお問い合わせは以下のお問い合わせフォームにてご連絡をお願い致します。
相互リンク以外のお問い合わせはコチラから


管理人より


◆本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

* 本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 * 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。

1. 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。 2. 本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。 3. 掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

* ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。





旅行関連 旅行リンク1 旅行リンク2
健康関連 健康リンク1
健康リンク2
健康リンク3
健康リンク4
健康リンク5
健康リンク6
健康リンク7
健康リンク8
健康リンク9