ゴールデンウィークで海外旅行トップ > 海外旅行の準備(パスポート編)

海外旅行の準備(パスポート編)

海外旅行へ行く準備としては、まずはパスポートを申請しましょう。パスポートは世界共通の身分証明書で、出入国の審査で提示したりと海外に行く時には必ず必要です。

パスポートには有効期限が5年間と10年間の2種類があり、20歳以上なら好きな方が選択できます。未成年は成長段階で顔が変わりやすく、5年間有効のパスポートのみです。

パスポートの申請は、申請書や戸籍謄本、住民票や写真に身分を確認できるものや手数料が必要になります。都道府県ごとに決められた窓口で手続きができます。手続きには1週間以上はかかるので、旅行が決まったら早目に申請するようにしましょう。

更にパスポートは所有しているけど有効期限が1年未満と少ない場合は、パスポートを返納して新しいパスポートを発給する切換発給という手続きも可能です。

国によってはパスポートの有効期限が短期間だと、入国を認めない場合もあるので注意しましょう。また結婚などで名字や本籍が変わった場合は記載事項の訂正という申請を行いますが、署名は変更できないので結局はパスポートを返納して新しいパスポートを発給してもらうことになります。

そしてパスポート後ろの出入国の際にハンコを押してもらう余白のページ、査証欄がなくなった場合も査証欄の増補という申請をする必要があります。尚、パスポートを紛失した場合や、有効期限がすでに切れている場合は新規発給と同じ手続きになります。

パスポートがあるから大丈夫だと過信せず、海外旅行前には手続きが必要かどうかパスポートの内容もよく確認しておきましょう。