ゴールデンウィークで海外旅行トップ > 海外旅行で気をつけること(ショッピング編)

海外旅行で気をつけること(ショッピング編)

海外旅行の楽しみの一つがショッピングですが、楽しく買い物ができるようにマナーを心得ましょう。まず世界的にも名高いブランドショップに入る際にはスーツなどでフォーマルな装いにする必要はありませんが、最低限汚れた服や靴などで入るのは避けましょう。

ゆっくり商品を見ているうちに手にとってじっくり見たい、試着したいと思ったら必ず店員に声をかけるようにしましょう。商品によっては扱い方を間違えると、商品価値が下がってしまうものもあるので、必ず店員の言うことを守るようにして下さい。

また日本でも当然のマナーですが、レジ前や店内で店員が他のお客さんの対応をしているなど混雑している時は順番を守りましょう。またブランドショップでの値切り交渉はほどほどにしましょう。あまりにしつこいと、日本人の品格が疑われることにもなりかねません。しかし街中の露店などでは値段交渉で安くしてもらえる場合がほとんどなので、頑張って値切りに挑戦してみましょう。

ハワイやグアムなど海外で免税店も多く見られます。免税品はその国で商品にかけられる税金が免除してある商品で、国内で使うことができません。購入時にパスポートを提示して、引換券を受け取り空港で商品を受け取るというシステムになっています。

ここで注意したいのが帰国の際の国内に持ち込める免税額というのが決まっている点です。過剰分は関税されることもあるので事前に確認しておきましょう。ブランド品なら免税店で購入する方が安い場合が多いですが、現地のお土産などは街中の商店で購入した方が安く済むのでうまく使い分けることも大切です。