ゴールデンウィークで海外旅行トップ > 海外旅行で気をつけること(治安編)

海外旅行で気をつけること(治安編)

海外では治安の悪い国もあるので注意が必要です。海外旅行に行くとつい気が緩んでしまいますが、油断は禁物です。ハワイなど日本人が比較的多い国でも、日本ほど治安は良くないので気をつけたいものです。

特に日本人は、お金を持っていると思われているので、海外でも狙われやすいのが特徴です。犯罪に巻き込まれないためにも、注意するポイントを押さえておきましょう。

まず、パスポートや現金などの貴重品はズボンの尻ポケットなどに不用意に入れず、出来るだけ肌身離さず持ち歩きましょう。手提げかばんにいれる場合にも、しっかり胸にかかえて持つようにしましょう。

万一の場合に被害が少なくて済むように、現金などを分けて保管するようにしましょう。また街中や空港、ホテルなど人が周りにいる場所でも、荷物へは常に注意を配りましょう。手放しで置いておくと知らない間に持って行かれます。

更に人があまり行かない場所や、夜間などの外出はできるだけ控えるようにしましょう。夜間の外出はタクシーを使うなど、通りを出来るだけ歩かない方法をとりましょう。また人前で現金を出して数えたり、高価そうなアクセサリーをつけるなど派手な服装は目立ちやすいので注意しましょう。

そして、街中で話しかけられたり紙などを見せられたりして気を取られている間に、仲間が金品を盗むという手口での犯罪もあります。偽物の警官もいるので注意が必要です。

ホテル内でも気を引きしめましょう。貴重品はセイフティーボックスに入れ、来客があってもドアチェーンを外さずに応対するようにしましょう。海外旅行を楽しいものにするためにも、自分の身は自分で守る位の気持ちで治安対策をしっかり行いましょう。